マシーネンクリーガー AMMOKNIGHTS 1/20 をつくってみた vol.1 【ロボット編】
見出し画像

マシーネンクリーガー AMMOKNIGHTS 1/20 をつくってみた vol.1 【ロボット編】

hirofus

もうひとつのマシーネンクリーガーこと、ロボットバトルVのAMMOKNIGHTSをつくってみた。

メーカーはハセガワ。Amazonではプレミア価格で取引されがちだけど、ちょいちょい再販されるタイミングがあるので、そのときにヨドバシで3500円くらいで購入できた。キットにはロボットに加えて、パイロットフィギュアも付属しているのでお得感がある。

ざっと組んで、パーツの合わせ目をサンドペーパーで消す。曲面で構成された独特のデザインは、たしかにアンモナイトっぽい。

スモークディスチャージャー周辺を改造。本体側にもピンバイスで穴をあけて、0.8mmのケーブルで接続する。

ブラックのサフを吹いたところ。このままでも、そういうカラーの機体っぽく見えてかっこいい。

サフを吹いたフィギュアと並べてみる。完成イメージがしやすくなった。

フリーハンドで迷彩塗装。設定にはないカラースキームだけど、気にせず好きなようにどんどん塗っていく。

ペイントはシタデルカラーを使用。グレーはベースカラーの「メカニカススタンダードグレー」、グリーンは「メカニカススタンダードグレー」と「デスガードグリーン」を1:1で調色した、グレーっぽいグリーン。

前腕部の識別帯を「コラックスホワイト」でペイント。黒は「アバドンブラック」。だいたい塗り終えたら、シェードカラー「ナルンオイル」で全体をくまなく塗って、マットな質感を表現。

斜め後ろから。背面のフタっぽいところや、足裏のバーニアっぽいところは金属色の「リードベルチャー」でペイント。

正面。独特のフォルムがいい。

続いてデカールを貼っていく。デカールは複数のバリエーションが用意されていて、自分で好きな組み合わせをつくることができる。デカールはけっこうな数あまるので、他への流用もできてうれしい。

指示書を参考にデカールを貼り終えて軽く乾燥させたら、シタデルの「ラーミアンメディウム」をデカールの上に塗布。トップコート代わりで手軽にデカールの保護ができる。

センサー類はクリアパーツが用意されている。球面には透明感のある色を使いたかったので、クレオスの水性カラーアクリジョン「クリアーオレンジ」を採用した。小さいセンサー類はハッキリしたレッドにしたかったので、球面のクリアーオレンジに加えて、裏面に「エビルサンズスカーレット」をペイント。

MK44 AMMOKNIGHTS 完成! 

斜め後ろから。

正面から。センサー類は木工用ボンドで接着した。

斜め上から。白文字のデカールがちょっとコントラスト強く感じる。あとでシェードカラーでなじませてもいいかもしれないが、いったんは十分。

次回は人物編。パイロットフィギュアを小改造&塗装する。


この記事が参加している募集

つくってみた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hirofus

プロテインを買います。それか、ミニ四駆かガンプラを買います。

彡(^)(^) < https://suki.com/
hirofus
どちらかというとインターネット老人会。パソコン歴39年、インターネット歴26年。初めてさわったのはFM-7。先端テクノロジーやサイバーパンク作品が好き。Currently working for note. ex-Amazon, ex-KADOKAWA and ex-ASCII.