マガジンのカバー画像

ウォーハンマー:ペイントまとめ

30
noteで見つけたウォーハンマーペイントお役立ち情報。いろんな人のペイント関係の記事をまとめています。ヘッダは自作のデスガード。Twitter @hirofus 宛でnote記事… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

スペースマリーンの素顔 簡単ペイント法

スペースマリーンヒーローズペイントコンテストの第2回が開催されるとの事で、最近ミニチュアペイントを始めた方の参考になれば…とアエトール、ドナート、ドラーゴで使った頭部の塗り方をまとめてみました。ここからアレンジするなど叩き台として利用して頂ければ幸いです。 <アエトール、ドナート、ドラーゴ共通のおっさん肌レシピ> ①ケイオスブラックスプレー ②ケイディアンフレッシュトーンをベタ塗り ③レイクランドフレッシュシェイドをラーミアンメディウムで少し薄めて全体ウォッシュ ④NAZ

アデプタスタイタニカスのスゝメ

今回は今更ハマっている古〜いエピックのアデプタスタイタニカスについて。その中でも1988年に発売されたウォーロードタイタンについてあれこれ書いてみました。 要は大昔の糞プラキットなんですけど、これがなかなか馬鹿に出来ない、面白い趣向のミニチュアなんですよ。その魅力を珍しい画像を交えながらご紹介します。ネット広しといえども全種類網羅しているのはここだけかも?資料画像を集めるだけで10年は掛かったその成果、是非見てやって下さい。 甲殻上非武装時の全高5.3cm。 MkIVヴ

シタデルカラーはじめました

表題の通り。アクリル絵の具で塗装をしていましたが、今回シタデルカラーを導入しました!最初はアクリルで塗りにくい白とか黄色を買ってはじめてみよう〜と思っていたのですが、お得なセットがあると知り、尚且つ独自の塗りを学べるということで購入しました。 買って大正解でした。とても塗りやすい。ただ、初めてで戸惑ったこともいくつかありました。 基本はこの樽のような形状の容器から適量をパレットに取り出し、塗っていくものなのですが一番最初は勝手がわからず、蓋を開けて直接筆を突っ込んで塗って

🔰水溶性カラー コートデアームズとは?

コートデアームズ。筆塗りに特化した水性カラーだ。水道水で薄めたり、道具の手入れをする(乾くと耐水性になる)。使用にあたって溶剤は一切必要ない。 国内ではハーミットイン商店で全国通販されているオススメ塗料で、俺は現在、コートデアームズの筆塗りで製作を楽しんでいる。サーフェイサーによるアンダーコート(下地塗装)をしっかりやれば、ミニチュアはもちろん、プラモデルやガレージキットの塗装にも使えるから、沢山の人に知ってもらいたい塗料だ。 コートデアームズのココがスゴイ筆塗りのために

ウォーハンマーを始めるためのお買い物〜〜塗料編③〜〜

 ついに塗装編(クラシックスタイル)の塗装が最後です! もはや塗料の選び方についてとやかく言う部分はないのですが、私のオルク兄貴がまだ完成していないので続きます。  今のところ、使った金額は35000円くらいでしょうか。  ぶっちゃけもう塗料買うより、先にスタコレ以外のミニチュア買ってゲームできるようにした方がいいと思います。  ミニチュアゲームの楽しみって、ペイントすることと自分の作ったミニチュアでゲームする事とで合わせてお前を上回る1200万パワーだっ!! みたいな

ウォーハンマーを始めるためのお買い物〜〜塗料編①〜〜

※左がクラシック、右がコントラストメインで塗りました  こんばんは。今日もお疲れ様です。  やっと塗料の選び方です。  技術面については、Googleで「ウォーハンマー ペイント 方法」とかでググったほうが絶対タメになるので、ここでは「どうやって買う塗料を決めるか」という話をしますね!  塗料というか、シタデルカラーを買います。シタデルカラーの凄いところは「素人が使ってもクオリティがすげぇ」なので、これから始めてみましょう!  シタデルカラーの中でもクラシックス

ウォーハンマーを始めるためのお買い物〜〜塗料編②〜〜

 塗装編の続きです。  前回はここまで塗ったんでしたね(ベースカラー4色+シェイド)。  ぶっちゃけここで止めても全然問題ないと思いますが、せっかく超カッコいいミニチュアがあるのでもうちょっと手を加えてみましょう。  というわけで、次はいよいよレイヤーカラーも使います。  レイヤーカラーってなにかというと、ざっくり言うとベースカラーの上に塗るやつとして存在している塗料です。  下地の色が透けやすいので、同系統色のベースカラーの上に塗る前提で作られてるんですね。  

【作品】HobbyJapanスペースマリーンヒーローズペイントコンテスト

ホビージャパン主催のスペースマリーンヒーローズペイントコンテスト第2回。今回もまた特に何の賞も得ておりませんがせっかくなのでこちらにUP。 元商品はこちら。全長5cmぐらい。これを筆で塗っていくわけです。 この筆で色を重ねながらディテールや光の入り方を描き込んでいく形が正に絵画的だったので、今回は絵画の中から出てくるようなモチーフで作りました。 これだけ寄ると凹凸がすごいですが…ハイライトもシャドウも描き込んでいるのがわかると思います。目の青の光が滲んでいるところとか見

【初心者必見】シタデルカラーとは?正規販売店が特徴や種類の基礎について解説!【お得なセットも紹介】

こんにちは、ホビーの達人新所沢店、店長です。 当店はホビー商品の販売と買取を行っております。 今回はメイン商材として取り扱っている大人気ミニチュアフィギュア「ウォーハンマー」をペイントする際に利用する専用塗料「シタデルカラー」の基礎知識について解説していきます。 基本を抑えることで、実際に扱うときにしっかりと理解した上で作業を進めることができます。 話題になっているシデタルカラーの特徴を学び、知識を一緒に深めていきましょう! 内容が良かったと思ったら♡マークで「スキ」

ケイオスナイト 制作過程・3

前回でお馬さんが終わりまして自分が思っていたよりさっくりしてたのでせっかくならナイトも書こう!と思いました!よろしくお願いします! ナイトの製作開始! でいきなりベース終わってるパターン もう何回目かって・・・いい加減学習してほしいですね!(自分がね?) 真っ赤なナイトってカッコよくないですか?カッコいいですよね?カッコいいんです!そんな軽い気持ちで始めた結果修羅の道に足を突っ込みましたw 塗装テーマとしては部分的にお馬さんと同じ色にすることで色味の関連性を作ってま

ケイオスナイト 制作過程・2

前回に引き続きお馬さんの製作過程です。 レイヤー!ターイム! 前回の最後にシェイドタイムって言ってましたが普通にレイヤーまでいってましたね(。-∀-) 先端の細い部分に向かって明るい色が載ってますね!こうやって暗い色から明るい色へとレイヤーを重ねていくと立体感が生まれてミニチュアが仕上がっていきます! 鞍の部分にも縁に明るいブラウンを入れてあります。一般的に物がすり減ると明るくなっていく事が多いと思います。使用感が出てくることでよりリアルに近づいていきますね! ミニ

ケイオスナイト 制作過程・1

みんな大好きケイオスナイトの製作過程を復習していきたいと思います! まずはお決まりのベース塗装からスタート! 今回のコンセプトはシックにカッコよく!を目指してます!グレーの可能性を見出してるところです。 グレーってメインカラーになりづらい色じゃ無いですか?そう思ってるのは自分だけ?そんなこと考えてたらグレーでカッコよくしたろ!って気になってガシガシ塗ってましたw 塗ってみると意外と様になってて良いですね〜この後どうなっていくのか!? ベースはまとめて塗る派です。

蝶のように舞、蜂のように撃つ!アデプタソロリタス シスター “タリアナパロス“ 制作過程

可憐な少女がなぜ戦場になつことになったのか・・・ そう言った背景が楽しめるのもウォーハンマーの醍醐味 パーツ毎に塗っていく 今回は動画用に見やすくパーツ毎に分けて塗ることにしました。いつもは全体のベースを塗ってからシェイド、レイヤー、ハイライトと仕上げてますが動画上だと変化が分かりづらいのでこの仕様に。 コート部分は赤をベースに赤、紫をシェイドに使ってます。赤だけだと単調になってしまうので変化をつけるためです。色に深みを出して行くなら3層以上のレイヤーかシェイドを2色使

飽くなき渇望 ソウルグラインダー 制作過程

皆さんこんにちは。本日はウォーハンマーニストなら知らない人はいない、そう、ソウルグラインダーのペイントです。このソウルグラインダーはナーグル刻印を持ってる設定で塗りましたので緑がかったような色味にしてあります。 組み立てるとわかる大きさ ウォーハンマーはミニチュアを使ったボードゲームですがこいつはミニチュアの枠に収まりません。価格も1万円するのでリアルに大型モデルです。能力はボチボチだけど・・・?AOS3版になってランペイジしてくれると楽しいかな! サフ シタデルのケ